確実に効果のある方法で

手で薬を掴もうとしている

簡単で効果のあるペットのノミダニ予防ならフロントラインスポットオンがおすすめでこちらのサイトで安く通販で購入できます。

実は勘違いしている人も

犬や猫といったペットを守るためにも必要になってくる予防の一つであり、ペットを飼うなら必須ともいえるノミやマダニの予防。
ノミやマダニの予防は、犬のフィラリア予防と同じくらいに重要な予防となっており、犬や猫をペットとして飼うときの基本ともいえます。
肉眼で確認するのが難しいほどに小さなノミやマダニは、さまざまな経路でペットに忍び寄り、その身体に寄生しようとしています。
一度寄生されると完全に駆除するのは時間がかかってしまいますし、寄生されたペットは常に激しい痒みに悩まされることになってしまいます。
放置していると皮膚炎になってしまったり、危険な病気を媒介されたりする可能性もあるので、ペットのノミやマダニはしっかりと予防していく必要があります。

ですが、このペットのノミダニ予防、実は勘違いや誤解をしている飼い主さんも多いのです。
きっちりノミダニ予防をしているつもりでも効果のない方法では意味がありませんし、効果があってもすぐに途切れてしまうのでは同じように意味がありません。
特にインターネットではノミダニ予防について誤解した情報も多いので、その情報を見た飼い主さんが間違ったノミダニ予防の知識を身に着けてしまうことも少なくありません。
ノミダニ予防について正しく知っていると自信がある人も、そうでない人も、ここで一度ペットのノミダニ予防について見直してみましょう。

手で潰してはいけない

ペットにノミやマダニが寄生しても、自分で潰しているから大丈夫……と考えている飼い主さんは結構いるのではないでしょうか。
ノミやマダニはペットの被毛をかき分けたときに発見することができ、発見次第、素早く潰したり取ったりすれば、寄生されても問題ないように感じますよね。
ですが、実はこの方法、ペットのノミやマダニの予防としては間違っており、飼い主さんにとっても非常に危険な方法なのです。

まず、ノミやマダニといった外部寄生虫は身体が小さく、動きも素早いです。
そのような外部寄生虫を全て手で取り除くというのは不可能がありますし、マダニは一度ペットに寄生すると、口から出ている突起を差し込んで自分の身体を固定します。
無理に引っ張って取り除いてしまうと、ペットの皮膚の中にその部分が残ってしまい、皮膚炎の原因になってしまうのです。
また、ノミは身体の中に瓜実条虫の幼虫を持っている場合があり、手で潰してしまうとノミの体内から出てきた幼虫が爪や指についてしまいます。
何らかの原因でそれが口の中に入れば、瓜実条虫に寄生されてしまうことになるので、手で取り除く方法は決して実行してはいけないのです。
ペットのノミやマダニを駆除し、予防するときはフロントラインスポットオンのようなノミダニ駆除薬を使うのが正しい方法になります。

忌避は予防にはならない

フロントラインスポットオンは、数あるノミダニ駆除薬の中でもかなり効果があるものの一つです。
使い方も非常に簡単なので、フロントラインスポットオンを使ってペットのノミやマダニを予防しているという飼い主さんも大勢います。
ですが、インターネットではフロントラインスポットオンをはじめとしたノミダニ駆除薬を使う方法よりもアロマやハーブを使うほうがペットの身体に優しいといわれていますよね。
そのため、医薬品をできるだけ使いたくないと考えている飼い主さんは、アロマやハーブを使った方法でペットのノミダニ予防をしようとしているのではないでしょうか。

確かに医薬品を使うよりも、アロマやハーブを使うほうがペットの身体にかかる負担も少なくなるように思えますよね。
ですが、実はアロマやハーブを使った方法は、正確には予防ではなく忌避になります。
忌避というのはノミやマダニが嫌がる効果があるものを使って、これらの外部寄生虫がペットに寄り付きにくくするというものです。
新たに寄生しようとするノミやマダニには効果的ですが、既にペットの身体に寄生しているノミやマダニに対しては効果がない方法でもあります。
あくまでもノミやマダニをペットに寄せ付けないというもので、既に寄生しているものも含めて駆除する予防とはまた別物になってくるのです。

このように、ペットのノミダニ予防には多くの勘違いや誤解があります。
ペットのノミダニ予防はフロントラインスポットオンのように、確実に効果のある方法で行いましょう!

冬の間でも予防は必要

ペットのノミダニ予防は冬の間でも必要で、冬でもノミの被害に遭う場合があります。冬はノミダニ予防をしなくてもいいというわけではないので、しっかりフロントラインスポットオンで予防をしましょう。

Read More »

シャンプーの効果は弱い

ペットのノミダニ予防の方法として知られているノミ取りシャンプーですが、実はノミ取りシャンプーの効果はその場限りで持続性がなく、ノミダニ予防の中では効果が弱いといえます。フロントラインスポットオンを使いましょう。

Read More »

人気記事

「効果のあるペットのノミダニ予防ならフロントラインスポットオンを!」の人気記事です。 Read More »